え?まじ?な、人口分布。。。。

人生いろいろ、頭文字Kです。

 

国勢調査による人口比較(2016年)ランキングによりますと、おもしろい事が分かりました。。。

 

第1位はもちろん東京。(約1360万人)

第2位は神奈川県。(約915万人)

3位4位を飛ばして、

第5位は埼玉県。(約728万人)

第6位は千葉県。(約624万人)

と、1都3県だけで、この人口になっております。

 

上位2位だけで約2275万人、5位6位を合計すると約3600万人という驚異的な人口になります。

 

一極集中過ぎる、、、と思うのですが、これが現状です。

そのほか地方都市はまばらにランキングされているので、隣り合って商圏になっている地方都市は無く、首都圏ほど人口が隣り合って溢れているエリアは無いようです。

 

持ち家、賃貸の比率はまた別となってくるとは思いますが、マクロな視点で見てみますと、やはり需要の観点では首都圏が強いのかな、、、?

と、思ってしまいます。

 

実際、関西在住のお客様数人にお話を聞いた事があるのですが、関西の商圏と、関東の商圏ではマーケット規模が全く違うとの事でした。

 

私は関西に直接行った事は無いのですが、例えば首都圏であれば、大きく東京を中心に、川崎・横浜・さいたま・千葉エリアとどこを見ても人口が多いエリアが固まっています。

 

関西も同じように、ざっくりですが大阪・京都・神戸という一大商圏が連なっているイメージでだったのですが、関西の方曰く、関東ほどマーケットが広い分けでは無く、規模も大きくないとの事でした。

 

なるほど、各エリアもスポットで見ると、マーケットの強弱はあるのですが、やはりそこも地元、ないしは近くで土地勘が無いと分からないものだなと思いました。

 

皆さんも、地方で知らない土地での不動産を購入する時は、マクロな視点とミクロな視点の両サイドから確認してみて下さい!

 

カオスな街 上野・・・

頭文字Kでござんす。

 

さてさて先日の話しになりますが、物件調査で上野エリアまでGO!でした。

 

時間は11:30過ぎ。

完全にアウェーなエリアに来たので、まずは戦の前の腹ごしらえ!

もうですね。

事前に調査済みですよ〜〜〜!

突入する店は決まってますよYO!

 

辛い物が食べたいという事で、麻婆豆腐が美味しいという評判のお店へ!

お店の看板を見つけて早速入ったら、

 

私「あれ???何かが雰囲気が違う。。。HPの写真と何かが違う」

 

でもお店の名前は間違っていません。

 

私「メニューが違うぞ、、、、麻婆豆腐が無いぞ。。。。」

 

「くっ!田舎者に対する都会の制裁か!」と心でつぶやきながら、不覚にも別のメニューを注文!!!!

 

まあまあのお味でした。

 

でも何かが引っかかって、スマホで再度HPを見たのです。

場所も店の名前も同じ、、、

再度、外の看板を見てみる私、、、

 

私「ああああああywgり@j@おmvjs@pgEGp8ふぇjf:k」

「看板に2号店って書いてる〜〜〜〜。しかも小さく〜〜〜〜」

 

そうです。完全に、本店では無かったのです。

悔しいので帰りに本店を見たら、何ということでしょう。

完全にメニューのバリエーションが違う〜〜〜〜〜〜〜。

 

本当、都会の風は冷たいっす。。。

 

ちなみに店内で、こんなメニューを確認しました。

 

中国人(恐らく)が作る、名古屋で大人気の、台湾のラーメン!

 

安い!!!お財布に優しい!!!って思いながらも、このコントラストに困惑を隠せない1日でした。。。

 

 

他人のものは大切に取り扱おう!

梅雨じゃないのに、湿度80%の頭文字Kです。

 

つい先日の事、あるお店で買物をしたのです。

一通り必要な物をカゴにいれて、いざレジへ!

レジは4台!全部フル稼働。。。

1枠1番人気は、この道20年というオーラを出している熟練工のおばちゃん。

2枠2番人気は、今日のバイトの後、合コンの予定が入っているであろう男子大学生的な年齢の子。

3枠3番人気、安定しているごく普通な女性アルバイター。

そして4枠4番人気、少し幸が薄そうな女性、、、、

 

並んでる人が少ないから、一発逆転の可能性が、、、

私はすかさず、4枠4番人気の馬券を購入する事を決定!

しかしそこには落とし穴が、、、、

 

実はその方、新人だったようで、私の前の人のレジ打ちが遅い!!!!!!!

気がついたら、レジ横には「入ったばっかりなので、他より遅いけど許してけろ!テヘペロ!」的な案内POPが。。。

 

今なら、まだ隣のレジに移れる!

行くか、行かないか?

たかだか私の思考はコンマ数秒考えたあげく、結局隣のレジには移りませんでした。

 

なぜならば、、、

いい年こいた男性が、たかだか若干の時間ロスの為に、細かい動きをしない!

ひいては、周囲から「小さい男」と思われたく無かった事が理由でした。

もうね、こんな考えしている時点で「小さい男」という意見は無視します!

 

さてそんなこんなで、私の番。

他のレジからは5馬身差以上つけられていましたが、もうそんな事は気にしないのです。

 

いざ、ピッピッ!と会計をすませ、お代をクレジットカードで支払いました。

事件はここでおきたのです。

 

なんと、渡したクレジットカードを丁寧に扱い、リーダーに通すかと思ったら何とおおおおおお!

こう、「スパッ!」といいますか、「ジョリッ!」といますか、取りあえず結構な力を出して、ジェット的なスピードでリーダーに擦りつける様に通したのです。

 

内心、「待て待て〜〜〜〜いい」と思いました。

なぜなら、そんなに雑に扱うと、クレジットカードのデザインと言いますか、色が擦れて落ちちゃうのです。。。

 

ただでさえ、財布に入れて得るキャッシュカードやクレジットカードも年季が入る度に古くなって色落ちするのですが、その劣化スピードを推定1.5倍(当社比)早めるその行為!!!

 

私はジェントルメンなので、敢えて直接は言いませんが、せめてお客様から渡されたものは、もう少し丁寧に扱ってくれても、、、、と思ったのです。

まあ本人にはそんな悪意的な意図はもちろん無いはずですが(笑)

 

一人なのに、一人でいる気がしない♪

最近誕生日を迎えた頭文字Kです。

 

先日母親から電話で「誕生日おめでとう」の連絡がありました。

歳を重ねても、子供の誕生日は気になるものなのですね、、、

今年はとうとう当日に電話が来たな〜〜〜。

母親も歳を取ってるのに、息子の誕生日を覚えているなんて、、、

ほんの数年前までは、完全に忘れていて、最大1ヶ月経過後に電話をくれていたのに、、、

 

独り身の私を本当は心配しているはずなのに、、、

でも母さん!心配しないで!

俺、一人暮らしなのに、たまに一人じゃ無い気がする時があるんだ!

 

さてつい先日の話になるのですが、都内のある物件の引渡しがあり、私は買主側の担当者代理として現地に赴いたのです。

 

築は半世紀は超えているであろう、年季の入った物件です。

正直印象は「暗い」!

日中なのに暗い!

 

中に入ると元の売主さんの残置物が結構もりもり。

何と!!!神棚、仏壇、遺影、、、放置プレー!

私、霊の存在は信じますけど、霊感が全く無いのです。

でも、この3セットを見たときには、さすがに「あれ?誰かいる?」って感覚になったのです。

 

でもさっき、鍵を貰ってこの中にいるのは私だけなのに、、、

なのに〜〜〜〜〜。。。。

「一人なのに、一人でいる気がしない♪」

 

神棚⇒神主さんの儀式

仏壇⇒住職の儀式

 

おそらく、手違いがあったのでしょうか??

普段霊感が無い私に何かを感じさせる未知なるパワー!

 

きっと遺影の方が、寂しがってたのでしょうか。。。

即、元売主さんに電話ああああああああ!

 

私:あの〜〜〜。遺影が取り残されてるんですけど〜〜〜?

元売主:あ〜あ、あれね!大丈夫、全部お祓いしたから!

私:そういう問題ではなく、、、ね?ほら、、身内の方でしょうし、、、折角ですから、、、

元売主:私会った事ない人ですし、、、知らない方なんで、、、

私:・・・・・・・・・・・・

 

結局は強制的に持って行ってもらったのですが、、、

少しいたたまれない気持になりました。

 

死生観は人それぞれですし、信心も人それぞれかもしれないですが、心が詰まる想いでした。。。

資産家でお金を持っていても、イコール幸せとは限らないんだなと思いました。

プロジェクトおおおおおおお!の進捗

「チャンスの神様には後ろ髪が無い」と、良く言いますが、後ろ髪がある私は他人から見ると、チャンスにはなり得ないのでしょうか、、、どうも、頭文字Kです。

 

現在進めている、カイヤ川崎ならぬ川崎麻世でもない、川崎のとある現場。。。

お客様の銀行融資を打診しているのですが、各金融機関の感触や方向性というのは、やはり大きく違いますね。

 

各金融機関とも得意なエリア、物件種別、お客様のご属性があるようです。

もちろん、入り口となる金融機関の担当者、その店舗の決裁権を持つ支店長によっても大きく左右されてきますね。

 

今回のお客様はご属性が高い方でしたが、物件がコンパクトな為、金融機関の担保評価が出しにくいという難点がありました。

 

しか〜〜〜〜〜〜〜〜し。

とある金融機関は、正攻法のスタイルでフルに近い融資評価を出して下さいました。*本部承認では無い為、若干の未確定要素はあります。

 

当社と既にお付き合いをさせて頂いている金融機関なのですが、お客様の将来性や資産を真面目に築いて来たところを評価して下さったようです。

 

一方では、「あくまでも担保評価が大前提・・・」という金融機関もあり、どうしても前に進めないところもありました。

 

10人10色というように、金融機関も同じです。

さらに同じ金融機関でも、窓口(支店)によっても千差万別!!!!

だからこそ、この金融機関は○○だからとレッテルを張らずに、地道に開拓をしていかなくてはと思いました。

 

 

 

 

 

in 印旛沼

最近寒かったので、残暑さんを呼んだら戻って来たようです。

頭文字Kです。

 

今日は物件調査で千葉の成田までGOでした。

高速は空いており、1時間30分くらいで現地に到着。。。。

 

第一印象は、「なんて住みやすそうな街」でした。

郊外型ロードサイド店が多く、完全なる車社会のようです。

 

個人的には飛行機が大好きなので、結構近くに飛んでいる飛行機をみては、私が住みたいと思ってしまいました。

 

羽田空港周辺とはまた違った味わいがあります。。。

もう少しで物件をリリースしますので、乞うご期待!

 

さて物件から車で少し走りますと、「噛みつき亀」の聖地、「印旛沼」があります。この沼って、北側と南側の2つに別れており、途中が細い水路といいますか、川といいますか、その様な細いところでつながっております。

 

そこに噛みつき亀がいると聞いていたので、早速ウォッチングへGO!

そしなたら何という事でしょう。

車で走っている時に、道路を亀が横断中!!!!!!!

 

速攻の遭遇率。。。

でも、小さいかわいらしい亀でした。

このままだと車に轢かれてしまうので、こっそり道路脇に移動してあげました。

 

きっと、浦島太郎のように、あとで亀が恩返しに来るかもしれません。

ので!乙姫様を紹介してもらえるように、これから準備です!

 

 

税金(相続税)

水もしたたる頭文字Kです。

今日はとある税理士事務所の先生と久しぶりに座談会をしてました。

 

税理士の先生も多種多様!と、言いますか、専門分野によって得意、不得意があるというのを久しぶりに痛感しました。

 

今日はつい先日行った相続税還付の資料を見せて貰ったのですが、、、、、

あまりの還付費用に驚きました。

もちろん正攻法です。

 

ケース①

東京西部地区の方の相続税の例。

もともとおかかえの税理士がいたその方は、相続税で12000万円も納めておりました。その後、今回の税理士事務所に相談をしたところ何と、5500万円も還付出来たのです。

何で???

 

これは不動産と税務の内容(法律条文や計算方法)を不勉強な税理士にあたってしまうと、何と間違った内容で税務申告をしてしまうケースがあるとの事でした。

 

また多くの税理士は、税務署から指摘をされた時に戦える武器を持ち得てない(または指摘されなたくない)ので、事前に税務署に相談をし、税務署の指示によって書類の作成をする方も多いそうです。

 

これが1番やっかいで、税務署の言いなりに行ってしまうと、余計な税金を支払うケースが多くなるようです。

 

この事実を知っているかしっていないか、、、

 

最近流行っている弁護士の過払い金請求では無いですが、本来支払う必要の無いものを支払っているケースって結構あるんですね。

 

ただこれは、既に支払い済みの方でも、一定期間内であれば還付請求が出来るみたいなので、是非利用する価値はありますね!

 

ちなみに私は、相続を受けるもの無ければ、相続するものもありません!

この世で1番、相続税に無関係な男です(笑)