自然災害とファスティング


 
あ〜今日も筋肉がうずく〜〜。
 
早く上腕二頭筋を鍛えたい〜〜〜!
 
と、こんなことを書いている、読んでいる人は、「さぞこの人はマッスルなんだろな〜〜」なんて誤解してくると考えている、頭文字Kです。
 
真実は小説よりも奇なり。
 
というように、全くマッスルではありません。
 
ぽっちゃり系です。
 
完全なぽっちゃり系です。
 
デブではありません。
 
 
みなさん、「ファスティングダイエット」って知ってます?
 
俗にいう断食ダイエットです。
  

今日、うちの会長は超前向きなことを言ってました。
 
会長:たとえば、関東に震災とかがおきて食料とかが無かったとするじゃん!
 
K:はい。
 
会長:人間、食料が無くても水があれば、しばらくもつらしいよ!
 
K:あ、なんか聞いたことあるっす。
 
会長:てかさ、ファスティングって期間1週間じゃん!
 
K:そうっすね!たしか、、、
 
会長:もし震災とか不幸がおきてさ、食料とかが無くてもさ、強制的なファスティングダイエットだと思えばいいんじゃない?
 
K:超前向きっすね!人間だらけるやつが多いので、強制的ならやらざるをえないっすよね!そもそも、そんな時に、その状況をプラス思考で捉えるのがすごいっす!
 
会長:DA・YO・NE!
 
 
と、まあこんなやりとりをしてました。
 
 
よく災害時は3日分の食料と水を、、、と書いてますが、関東で大規模な災害が起きたら、3日程度じゃ済まない気がします。
 
1週間でも食料援助が届くか疑問ですよね。
 
 
私は携帯食品や水をストックしてますが、正直3週間分程度は想定していないと、おそらく生き残れないと考えています。
 
首都圏の人口を考えると、一地方都市のそれとは比べものにならないはず。
 
自衛隊、警察、消防等の方々をかき集めても、建物が密集していれば瓦礫の障害があり、その中からエンドレスな救助をしていると、もう果てしない闘いですよね。
 
 
そんな時に、本当に助けが必要な人に助けが行くように、自分は極力助けがいらない状態でいれるように、常に準備をしておきたいと思います。
 
援助が来るまでに食料や水が底をついても、、、
 
ファスティングだ!と踏ん張りたいと思います。
 
 
ああ、大学生くらい時にスタイルに戻りたいいいいいいいいいい!!!!!