外国人の「料理が出来るよ!」の概念

 

前世はきっと帰国子女、どうも頭文字Kです。

 

英語がしゃべれたら、もっと世界は楽しいだろうな!と、思ったことはありませんか?

 

私はあります。

 

でも、身につけるほど必要かと言われたら、そうでもないので、やっぱ大丈夫です!

 

むしろ、相手に日本語で話して欲しいとリクエストしちゃいます。

 

さて、私の住んでいるところは外国人も多く、インターナショナルなとこなんですが、先日あるオールトラリア人に「へい!お前は料理が作れるのかい?」的な事を聞いたら、「もちろんさ!」的な返しをしてきたので、どんな料理を作るのかを見ていたところ、スーパーから買ってきたサラダや肉類をプレートに乗せて完成!だったのです。

 

私は思いました。

 

「なんてふてぶてしい野郎だ!」

 

「これじゃ、お見合いで、料理が出来ないのに、私、料理が得意です!」と言ってくるやつと一緒じゃないか!

 

でもまあ文化の違いといいますか、真剣にそれを「料理が出来る!」というレベルの判断しているようです。

 

なので、相手を責めるのをやめました。

 

でも内心、こう、、なんというか、侘び寂びの精神といいますか、大和魂といいますか、、、こう、、ね!

 

教えてやりたいことがいっぱいでしたよ!!

 

まあ、そんな偉そうなことを言ってますが、その隣で私はコンビニ弁当を食べてたことは内緒です( ・・)